夫婦経営のコツ

夫婦経営4つのステージ

「夫婦経営とは?」で「一緒に会社をやっていれば夫婦経営という訳ではない」とお伝えしました。
夫婦経営には4つのステージがあり、各ステージによってやるべきことが違います。

しかし、多くの人は4つのステージがあることさえ、知らずに、闇雲に頑張っているだけなのです。
闇雲に頑張るだけでは、目の前のことを頑張るだけで、次のステージに上がるための取り組みがなされてないことがほとんどなのです。

自分達が今、どのステージにいて、次のステージに上がるための課題は何なのか?
ということを認識することが重要なのです。

夫婦経営4つのステージとは・・・

ステージ0夫婦で一緒に経営していない段階、妻が会社に入るのを嫌がっている段階
ステージ1夫婦で一緒に会社をやっているものの、夫婦喧嘩が絶えない状態
ステージ2妻がスタッフのリーダーとして会社をまとめる段階
ステージ3採用システム、業務マニュアル、教育カリキュラム、評価制度など、二人で仕組み化に取り組む段階
ステージ4妻が会社から抜けても大丈夫な体制を作り、会社と家庭のバランスをとる段階

次のステージに上がるためには?

「じゃあ、夫婦経営の次のステージに上がるためにはどうしたらいいの?」
と思うのではないでしょうか?

次のステージに上がるためには、今と同じことを一生懸命、やり続けてるだけではダメなのです。
次のステージに上がるための取り組みをしていかなければならないのです。

しかし、人間、同じことをしているほうがラクなのです。変化を嫌います。
今までとは違う考え方、今までとは違うやり方が必要なのです。

そのためには、妻を教育していくことが非常に重要になるのです。
「妻を教育する」というと、偉そうですが、別に上から見てる訳ではありません。

私の妻の場合、信用金庫の窓口としてお気楽OLを10年間も続けてきました。
それでいきなり、私が起業したから「はい、あなたも今日から経営者になれ!」なんていわれても、妻としては困ってしまいます。

妻に経営者としての役割を果たすだけの社会人経験、実績があればいいんです。
しかし、そんな経営者の妻を私は見たことがありません。

経営者と従業員は日本人とドイツ人ぐらい、価値観・言語・文化・風習が違うのです。
その違いをしっかり教え、経営者としての価値観・言語・文化・風習を身につけてもらう必要があるのです。

それなくして、従業員感覚でモノを言われても、経営者としても腹が立つし、ケンカが絶えなくなるのは当たり前です。根本的な原因は妻が経営者としての価値観・言語・文化・風習を身につけてないことにあるのです。

だからこそ、そこには経営者としての教育が必要なのです。
私は、これまで妻に高価なものを買い与えることはほとんどしていませんが、経営者としての教育投資は惜しみませんでした。その額、累計1,000万円を超えています。

子供の教育が大事だと多くの経営者は認識していますが、妻の経営者としての教育が大事だと本当に認識し、教育投資をしている人はほとんどいません。

共通言語、共通の価値観を構築することが重要

大半の夫婦は結婚するとき、共通の言語、共通の価値観があったはずです。
しかし、夫が会社を経営し、妻が会社に入らないと、次第に共通言語、共通の価値観がなくなっていきます。

なぜでしょうか?
それは共通体験が減るからです。
二人で共通の体験、共通の学びを増やすことで共通言語と共通の価値観が形成されるのです。

だからこそ、経営者が何かを学ぶときには、会社の方向性を決めるような学びは共有することが大事なのです。
独りで学んでも、その学びが妻に共有されてなければ、どうなるでしょうか?

経営者である夫が学び、価値観が上がったのはいいかもしれません。
しかし、妻がそのままであれば、一緒に会社を経営していても、していなくても、二人の価値観にはギャップが生じていることになるのです。

1回なら、それも大きなミゾにはならないかもしれませんが、それを繰り返せば、次第にお互いが「何を考えているのか分からない」ということになってしまうのです。経営者として自分を高めことは重要ですが、それは夫婦で一緒に高まることが重要なのです。

そして、夫婦が経営者として高まったところまでしか、夫婦経営のステージも上がることができないのです。
夫婦経営のステージを上がるには、多くの場合、登山のように、力のあるものが先に登り、後の人間を引き上げてあげるのです。経営者である夫が自分を高め、それを妻と共有し、妻を次のステージに引き上げる。

しかし、夫の経営者としての成長が止まってしまうと、そこで夫婦経営のステージも上がれなくなる傾向があります。ですから、夫婦経営の正しいやり方と考え方だけでなく、夫の経営者としての力も重要なのです。

夫がサポートされるための3つの条件

ここまで「夫婦で一緒に経営する」と気軽に書いてきましたが、それはお互いにとってとても大変なことです。夫も経営者としての仕事もしながら、妻を育てなければいけませんから、大変です。
妻はいろんなものを犠牲にしながら、経営者として自分を高めていかなければいけませんから、更に大変です。

相当な覚悟がなければ、やはり、妻が経営者として一緒に会社をやることはできないのです。
ですから、妻が夫をサポートするためには、最低限、次の3つの条件が必要なのです。

キレない

夫がキレたら終わりです。 妻がキレることは多々、あると思いますが、夫がキレたら妻の成長もそこで止まります。 そして、夫婦経営は解消される方向に向かうのです。

浮気をしない

浮気をすることは、いろんなものを犠牲にして経営者として成長しようと頑張ってくれている妻への最大の裏切り行為です。もし、浮気をしたり、女遊びをしたいのであれば、夫婦で一緒に会社経営するのは止めたほうがいいです。あまりにも、妻がかわいそうです。

お金にきっちりする

実は、これが意外に多いです。 夫婦で一緒に会社経営するのであれば、会社のお金は全てオープンにするべきです。隠し事なしです。 それが妻への信頼となります。信頼されてなければ、妻もいろんなものを犠牲にして頑張ることはできません。

その他の夫婦経営法

その他にも、多くの夫婦経営法があります。
これら夫婦経営の正しいやり方と考え方を「夫婦成功セミナー」では1日でお伝えします。
また、知るだけでなく、実際に3回の実践型セミナーで習得していくのが「夫婦成功実践塾」となります。

jyuku-houhou
夫婦経営についてのよくある質問
footer-seminer
footer-jyuku
footer-consulting

電話にて問い合わせる

045-440-0302
受付時間:平日 10:00 〜 18:00
GW,お盆,正月の期間はお休みを頂いております。

FAXにて問い合わせる

045-440-0322
受付時間:24時間受付
どんな些細な質問でも結構です。お気軽にお尋ねください。

メールにて問い合わせる

info@fufuseiko.com
受付時間:24時間受付
2〜3日内に回答差し上げます。
お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ件名 [必須]

お問い合わせ内容 [必須]

お客様情報

会社名/組織名 [必須]

会社名/組織名(フリガナ)[必須]

お名前 [必須]

お名前(フリガナ)[必須]

メールアドレス [必須]

メールアドレス確認 [必須]

電話番号 [必須]

FAX番号

ホームページURL

郵便番号 [必須]

都道府県 [必須]

住所 [必須]

ご連絡の取れる時間帯 [必須]

「個人情報の取り扱いについて」に同意の上送信します。

個人情報の取り扱いについて

夫婦経営研究所(以下、弊社)は、皆様の個人情報を適切に管理・保管のうえ、以下のとおり取り扱います。

  1. 弊社は、以下の場合を除いて、ご本人の同意なしに第三者への個人情報の提供を行うことはありません。
    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
    3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
    4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  2. 弊社は、お問い合わせ内容の回答の為にお預かりした個人情報の取り扱いの、第三者への委託を行うことはありません。
  3. 皆様は、任意で当フォームに個人情報をご記入いただくことができますが、必要な情報をご記入いただけない際はお問い合わせにご回答できかねる場合があります。ご了承ください。
  4. 皆様は、弊社に対してご本人の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)を申し出ていただけます。その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。
  5. 個人情報の取り扱いに関する詳細は、下記ご参照のうえ個人情報保護管理者までお問い合わせください。
    【個人情報保護方針】個人情報保護方針  【個人情報の取り扱いについて】個人情報の取り扱いについて

【個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先】
夫婦経営研究所
岩渕龍正
〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町6-6 横浜みなと第一生命ビル 2F / TEL: (045)440-0302 / FAX: (045)440-0322